川名式典からのお知らせ

川名式典からのお知らせ

葬儀に関する情報やお知らせを更新していきます。
ご不明な点がございましたらお気兼ねなく当社スタッフまでお問い合わせください。

お知らせ

葬祭費補助制度をご活用ください。

ご存知でしたか? お葬式の後に、役所から補助金が貰えるんです。
→国民健康保険・社会保険加入者は申請により「葬祭費(補助金)が支給されます。

 ( ( (  申請しないと貰えません!! 時効 2年 !! ) ) )

【国民健康保険の場合】
葬祭費  例) 調布:50,000円 東京23区:一律70,000円

≪ 葬祭費補助とは ⇒ 葬儀(お葬式)費用の補助金(助成金)です ≫

■国民健康保険に加入する本人(被保険者)や扶養家族が死亡した場合、葬儀を執り行った人に対して、「葬祭費」として一定の金額が支給されます。金額は市区町村によって異なりますが、5万~7万円です。 東京都23区は一律70,000円。東京の市町村は概ね50,000円です。自治体により支払い条件に若干の違いがあります。下記表は、公式ホームページより調べたものですが、改正されて金額が変わる可能性もございますので、詳しくは各市区町村の国民健康保険課に直接お問い合わせください。
 ※過去は市区町村により3万円から10万円くらいまで幅があったのですが、現在市部ではほぼ5万円に統一されつつあります(不況の影響でしょうかね)。

 

【申請に必要なもの】
マイナンバーの提示に関しては、出来たばかりの制度なので自治体によりまちまちです~
 ※各自治体により条件が若干違いますが、一番厳しい場合を書きましたので、下記があればどこでもほぼOKです。
 申請は故人の保険証を発行している自治体となりますので、詳しくは下記のリンクから直接お調べください。
■故人の保険証(返却のため)
■葬儀の領収書原本(喪主のフルネームが記載・但し書きに「葬儀代金」とわかる表記)
 または、 喪主名の記載のある会葬礼状(会葬礼状ではダメな自治体もあります
■印鑑(朱肉を使用するもの)
■振込口座の確認ができるもの
■窓口に来た方の本人確認書類(免許証・保険証等)
 ※喪主以外の口座に振り込むなどの場合は、委任状が必要となりますので、最初からその方のお名前で葬儀代の領収証を切ってもらうようにすれば面倒ではありません。
■故人と申請者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの(例 「個人番号カード」または「個人番号通知カードと本人確認書類」または「個人番号の記載のある住民票と本人確認書類」)
 ※住民票申請の際にマイナンバーの記載が出来るようになりました。
 ※本人確認書類の例:運転免許証、パスポートなど。
■死亡診断書のコピー(※下記市町村では、埼玉県羽生市のみ


【東京23区と市部、神奈川・千葉・埼玉の市部の葬祭費支給額】
H28.4月現在(弊社調べ)
~各都市名をクリックすると、公式ホームページに飛びます。申請方法をご確認ください。~

※とうとう、日野市戸田市も5万円に!!

葬祭費補助金額 行 政 区 エ リ ア

 

70,000円


【東京都23区】
世田谷区
渋谷区新宿区中野区杉並区練馬区板橋区豊島区目黒区品川区大田区文京区台東区港区中央区千代田区北区荒川区足立区葛飾区江戸川区江東区墨田区

 

50,000円

【東京都】
調布市
府中市三鷹市狛江市稲城市多摩市武蔵野市小金井市国分寺市国立市小平市昭島市八王子市立川市町田市東久留米市東村山市東大和市武蔵村山市青梅市福生市羽村市あきる野市西東京市清瀬市瑞穂町奥多摩町
日野市(H27.3.31までは6万円でした)

【神奈川】
川崎市横浜市相模原市藤沢市横須賀市鎌倉市逗子市三浦市厚木市大和市海老名市座間市綾瀬市平塚市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市小田原市南足柄市 etc..他ほぼ5万円

【千葉県】
浦安市市川市松戸市船橋市千葉市銚子市館山市木更津市野田市茂原市成田市佐倉市東金市旭市習志野市
柏市勝浦市市原市流山市八千代市我孫子市鴨川市鎌ケ谷市君津市富津市四街道市袖ケ浦市八街市印西市白井市富里市南房総市匝瑳市香取市山武市いすみ市大網白里市 etc..他ほぼ5万円

【埼玉県】
戸田市(H27.3.31までは8万円でした)
さいたま市
川越市熊谷市川口市行田市秩父市所沢市飯能市加須市本庄市東松山市春日部市狭山市羽生市鴻巣市深谷市上尾市草加市越谷市蕨市入間市朝霞市志木市和光市新座市桶川市久喜市北本市八潮市富士見市三郷市蓮田市坂戸市幸手市鶴ケ島市日高市吉川市ふじみ野市白岡市  etc..他ほぼ5万円

 ※袖ヶ浦市の場合、他に「火葬費助成」として、自己負担金額5,000円を超える部分について、55,000円までの助成があります。(市に火葬場が無いため、他の場所で火葬をする。民間の火葬場でもOK。)

※上記の葬祭費の金額は公式ホームページより当社が調べた(H28.4月現在)ものです。なお、ホームページに金額の記載がない市に関しては、直接電話で確認しております。詳しくは各市区町村 国民健康保険課に直接お問い合わせください。他サイトに古いままの情報が更新されずに載っています。ご注意ください。

 

【社会保険(全国健康保険協会)や 各共済組合の場合】
 埋葬料(費)50,000円の支給(2006年改訂)

社会保険や各共済組合(公務員の場合、各管轄の共済組合に加入します。)の被保険者が亡くなった場合、埋葬を行う方に対し「埋葬料」または「埋葬費」が給付されます。埋葬料、埋葬費の給付額は以下の通りとなり、申請にはいくつかの条件を満たしている事が必要となります。(※以前は、1か月分の報酬額(最低10万円)でしたが、2006年に改訂されました)。お勤め先の会社にご連絡ください。

埋葬料~被保険者が死亡したときに、埋葬を行った家族(被保険者に生計を維持されていた人であれば被扶養者でなくてもかまいません。)に5万円の埋葬料が支給されます。
 ※添付書類~「住民票」(家族の方が申請する場合は、生計維持を確認できる書類として必要。)

埋葬費~死亡した被保険者に家族がいないときは、埋葬を行った人に埋葬料の額の範囲内で、埋葬にかかった費用が埋葬費として支給されます。
 ※添付書類~「領収証」(支払った方のフルネームが分かる記載。埋葬に要した費用額が記載。)

家族埋葬料~被扶養者が死亡した場合、その埋葬の費用の一部として被保険者に埋葬料が支給されます。 (死産児については支給されません。)家族埋葬料の額は5万円となっています。
 ※添付書類~「埋葬許可証 もしくは 火葬許可証のコピー」、「死亡診断書 もしくは 死体検案書のコピー」、亡くなった方の戸籍(除籍)謄(妙)本、住民票。

共済組合の場合~共済組合は全国に多数あり、組織により若干の違いがありますが、健保の場合とほぼ同じです。
 ※添付書類~「埋葬許可証 もしくは 火葬許可証のコピー」等 (死亡診断書のコピーでもOKな場合があります)
 ※被扶養者がいない場合は、健保と同じく、埋葬の際の領収書等が添付書類として必要となります。

≪平成27年10月から、共済年金が厚生年金に一元化されました。元々共済組合だった方は、所属の組合に詳細をご確認ください。≫

 

ページのトップへ戻る

葬儀プラン

  • 一日葬
  • 家族葬
  • 一般葬
  • 無宗教葬
  • 火葬式
  • 市民葬儀・区民葬儀
  • 葬儀式場・火葬場のご案内
  • 急なご葬儀に
  • ご葬儀の流れ
  • よくあるご質問
  • 葬祭費補助制度

事前相談・お見積り無料・24時間365日対応

専門スタッフが24時間対応いたします0120-85-1676

お見積り・お問い合わせはこちら

事前相談・お見積り無料で承っております。24時間365日いつでもお気兼ねなくご相談ください。